高級プライベートヴィラは土地の探し方で売上が全然違う!?、事業を始めたい方が実施すべき土地探しのやり方とは!?

2024年1月19日

高級プライベートヴィラに向いている正しい土地の探し方とは

現在、多くのお客様から高級プライベートヴィラの事業を検討されているとのご相談を頂きます。ご相談者は事業を実施したい土地が無い状況で、土地探しから始める方が多くを占めており、やはり土地探しが大きなハードルの1つとなっております。土地探しの段階から弊社ではサポート体制を整備しておりますが、自社で探す方もいらっしゃいます。自社で探す場合は土地探しの効果的な方法がわからず、非効率な状況になっている方もいらっしゃるかと思います。土地探しは数をこなすことも大切ですが、このまま非効率なやり方を進めても、目的に合った土地は見つかりません。

現在は高級プライベートヴィラ事業への新規参入が増えており、土地が希少で見つけるのが難しい状況です。しかし、プライベートヴィラ事業向けの土地を見つけられる企業は「効果的な探し方」を知っています。

効果的な探し方を知らない企業は、以下のような方法で探しています。
・知り合いの不動産会社に相談し、その不動産会社で完結させている。
・アウトドア系に特化した不動産サイトを活用せずに、大手不動産サイトのみ見ている。
・高級プライベートヴィラ事業に適した土地の特徴を把握せず、なんとなく良さそうという感覚で探している。
・社内の担当者に土地探しを任せている。

正しい探し方を知っている企業は、これらの問題が起きないように、社長直轄で土地探しから新規事業を始めています。

効果的な探し方のために、以下の5つのチェックポイントを確認しましょう。
①行政のPFIや空き地活用の案内確認
②Webに存在している不動産情報から情報を収集
③地元の複数の不動産会社への相談
④空地への直接アプローチ
⑤銀行が把握している遊休地の確認

皆様の探し方はこれらのポイントを考慮していますか?もしできていない場合、より効果的かつ迅速な探し方が可能です。

不動産会社に頼らない探し方とは?

さらに地主を調べて候補地を直接探す方法もあります。将来的に高級プライベートヴィラ事業への参入が増え、不動産会社からの紹介が難しくなることが予想されます。そのため、希望エリアから「直接探す」という方法で土地を見つける方が増えています。また、その土地が実際にプライベートヴィラ事業に適しているかどうかの判断も重要です。

高級プライベートヴィラ事業立ち上げに必要なポイントとは?

プライベートヴィラ事業は土地を探したら完了ではありません。最適な棟数(規模)、販促戦略、開業スケジュールや活用できる補助金制度など確認するべき内容は多く存在しています。詳細は、下記のセミナーにてお伝えします。
ぜひ経営者様・経営幹部様そろってご参加ください。

【セミナー概要】

日程◆ 2024/1/16 (火) 、2024/1/23 (火)、2024/2/13 (火)、2024/2/22 (木)
会場◆オンライン
ぜひ、セミナーへご参加頂き、参入の準備を進めて頂ければと思います。
<お申込みはこちら>

著者プロフィール

臼井 大地(Daichi Usui)

グランピング専門のコンサルタント。グランピングの成功事例の行脚数は100施設を超えている。より早く、より確実に成果を出すために全国のグランピングの成功事例を集め続けており、成功事例の数は業界でもトップクラスである。都市部はもちろん過疎地でも成功する事例など幅広い成功事例を持っている。

臼井 大地コンサルタント紹介ページ

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る