人財定着支援

2019年9月25日

旅館・ホテル業界は1年以内に離職する人は30%以上といわれています。求人してもなかなか人が採用できない状態での経営は、現場従業員が疲弊⇀低いサービスの提供⇀口コミ・満足度の低下、等負のスパイラルに陥ってしまう可能性があります
そんな中で大事なのが組織の穴を埋めること。つまり人が辞めない企業風土・文化をつくること。採用ファーストではなく、まずは人財定着から進めるべきであるといえます。
企業の風土・文化が良くなると、人財定着だけでなく副産物としてサービス品質も上がり、お客様満足度も上がることが期待できます。

こんな課題をお持ちの方にオススメ

  • 人財流出を止めたい
  • 良い企業風土・文化の作り方を知りたい
  • 働くのが楽しくなりスタッフからもお客様からも愛される旅館・ホテルにしたい

目標達成までのスケジュール

  1. STEP1

    ・組織力診断で自社の現在地の把握
    ・船井総研の組織力診断の実施
    ・組織力診断からのSWOT分析と対策確認
    ・スタッフのポートフォリオマネジメントの把握

  2. STEP2

    ・風土・文化改革チームの発足
    ・組織にするためのビジョン・コンセプトなどの整備
    ・マンダラートによるやる事リストの作成
    ・ホウレンソウを良くするための施策
    ・ルール・マニュアルの整備および作成

  3. STEP3

    ・全体研修による底上げ
    ・マインド研修による風土の土台作り
    ・幹部会議の決定事項を全体研修に落とし込む浸透術
    ・品質改善によるお客様信者化による成功体験の醸成

  4. STEP4

    ・繁盛旅館・ホテル&異業種からのノウハウの吸収
    ・繁盛旅館・ホテルなどの視察による自社ノウハウ化の九州
    ・体験値を増やすことによる現場の臨機応変力のつけ方

  5. STEP5

    ・組織一体化するための仕掛け作り
    ・お互いを尊重しあえる仕組み作り
    ・スタッフの関係者から応援されるイベントの実施

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る