誰でもレベニューマネジメントで成果を出す方法

2022年1月13日

「レベニューマネジメントは難しそう・・・」
「ウチの施設ではおそらく無理・・・」
「レベニューマネジメントできる人材がいない・・・」

そのようにお考えではありませんか?

確かに今までのレベニューマネジメントの考え方は、競合状況、イベント情報、オンハンド実績、リードタイムなど様々な要素を加味して、職人技的に行うものでした。

実は、もっと簡単にレベニューマネジメント(的な)やり方で、成果(RevPAR)を上げる方法があります。
こちらは実際にそのやり方で出た実績です。

【RevPAR向上実績】
・Aホテル@宇都宮 5,655円 → 7,441円(132%)
・Bホテル@名古屋 2,809円 → 3,944円(140%)
・C旅館@神奈川 6,442円 → 8,972円(139%)
・Dホテル@名古屋 1,695円 → 2,144円(126%)
・Eホテル@京都 1,187円 → 1,375円(115%)

レベニューマネジメントは本来非常に手間のかかる面倒な業務です。
それを自動化ツールを使うことで、こまめな値上げを実現し、客室単価アップ・RevPARアップを実現します。

また、これに加えて、適切なWeb集客を行うことで、さらにRevPAR向上を実現します。

そのためには自社HPの最適化が必要ですが、基本的なことができていない、やってはいけないことをやってしまっているHPも散見されます。
最近では、自社HPだけでなく、Instagram等のSNSを有効活用することも重要です。

そこで、今回ご用意させていただいたセミナーでは、
・Web集客で客数を増やし、
・レベニューマネジメントで単価を上げて、
結果として利益(RevPAR)を最大化する秘訣をお伝えします。

ぜひ興味のある方はご参加ください。この機会をお見逃しなく。

宿泊業利益最大化セミナー
宿泊業利益最大化セミナー
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/081175

レベニューマネジメント

著者プロフィール

斉藤 芳宜(Yoshinori Saito)

1993年神戸大学経営学部卒業後、大手通信会社に入社。IT関連の新規事業立ち上げのチームリーダーを経て、2004年に船井総研に入社。2005年にIT業界向けコンサルティング部隊を立ち上げ、1年8ヶ月という異例の速さでチームリーダーに就任。2018年よりIT・人材ビジネス業界向けコンサルティングを統括する部長に昇格。著書に、「負けない会社の作り方」(ビジネス社)、「セミナー営業の上手なやり方」(同文舘出版)がある。中小企業診断士。

斉藤 芳宜コンサルタント紹介ページ

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る