経営者からの申込3倍!今注目のWeb集客とは?

2021年12月21日

皆様、いつもありがとうございます。
船井総研の三浦です。ついに宿泊業の経営者が、動き始めました。

お問い合わせ殺到

緊急事態宣言明け、宿泊業の経営者からの問合せが一気に増えています。
ここ2ヵ月の問い合わせ内容を簡単にまとめるだけでも、これだけあります。

1.旅館の新規開業にむけた、自社HPの新設サポートを依頼したい
2.グランピング事業への新規参入を手伝って欲しい
3.GoTo再開に向けて、自社HPをリニューアルしたい
4.Webマーケティングを自走できるように勉強会を開催して欲しい
5.生産性向上のため、業務改善とデジタル化を実施したい
6.レベニューマネジメントの導入を検討したい
7.採用を手伝って欲しい。Web採用に対応できていない

その中でも、特に多かった経営相談が「 Webマーケティング 」に関して、です。
そして、これまでの経営相談と異なっているのが「 即、開始したいので、手伝って欲しい 」と、即日依頼をされる、ということです。
コロナ感染者数が明らかに激減する状況下となり、また、地域割も含めて、消費者が動き始めたこと(予約が増えている)もあって、ようやく、経営者が「 投資マインド 」になってきている、と感じています。

トップで99%が決まる

創業者舩井幸雄は「 会社はトップで99%決まる 」と言い続けてきました。
つまり、経営者の投資マインドが高まってきている、というのは、間違いなく、好調に向かう兆しです。

以下、経営者からの申込が3倍になっているWebマーケティングについて、です。
直近2ヵ月で、30ほどの宿泊業と経営相談を実施しています。
その中で、下記チェック項目で、4つ以上該当している「 危険水準 」のケースが90%を超えていました。
皆様は、いかがでしょう?

①CV設定がされていない
②サーチコンソールの導入・連携がされていない
③スマホで見たときに予約ボタンが再下部に常に表示されていない
④Instagramのフォロワーが1,000人以下
⑤Instagramの投稿内容がバラバラ
⑥自社の売上データ・OTA手数料を正確に把握していない
⑦OTAの価格に手数料を上乗せしていない

今ならまだギリギリ間に合う!

Gotoが再開されれは、Webマーケティング力に関わらず「 忙しくなる 」ことは確定的です。そうなると、多くの「 やらなければならないこと(要は、経営としての重要度が高いこと) 」が、先送りにされます。そのことは、昨年のGotoの流れで、皆さんは、一度経験されました。そのため、一部の経営者が、その経験を踏まえて、投資に動き始めています。

上記、チェック項目に4つ以上該当した経営者の方は、まず、こちらのセミナーに参加してみてください。宿泊施設の繁盛店でも実施し始めている、Webマーケティングの基本~実践事例をお伝えいたします。
Goto再開まで、まだ、間に合います。

この機会にセミナーに参加してWebマーケティングの第一歩を踏み出しましょう。

宿泊業向け Web集客トレンドセミナー
コロナ禍でも年間稼働率80%超え!デジタル集客セミナー
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/080811

著者プロフィール

三浦 雅裕(Masahiro Miura)

大学を卒業後、船井総合研究所へ入社。 入社後はアミューズメント業界、主に新規事業の立ち上げに従事している。3ヵ月でInstagramフォロワー数を1,000人にした実績やグランピングサイトの執筆実績を多数持つ。現在は、WebマーケティングおよびSNS集客を専門とし、90%以上の高稼働施設を実現している。

三浦 雅裕コンサルタント紹介ページ

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る