【第4回公募開始!】最高1億円補助の事業再構築補助金を活用する「新分野展開」の条件とは?

2021年10月29日

いつもありがとうございます。
船井総研の里見です。

事業再構築補助金の第4回公募が、10月28日(木)より開始しました。
これまで100を超える旅館が採択されてきた最高1億円補助の機会をあなたの旅館がとり逃すことがないよう、
お役立ちできる情報をご案内いたします。

さて、本題に入らせていただきます。
事業再構築補助金の必須申請条件の中でも、
経営者様が見落としてしまいがちな点は
「 新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編に取り組む 」

この要素になります。

要するに、旅館やホテルの場合、
宿泊プランの開発や単なる建物の修繕では
補助金の申請が通らない、ということです。

新しい業種に参入する必要があります!

そこで今回ご紹介したいのが、
旅館で「 カフェ開発 」を行っている事例になります。

事業再構築補助金の採択事例を見てみますと、
旅館でカフェ開発を行う事業計画がいくつも採択されていることがわかります。

文化財蔵カフェとお城が見える特別客室の新設による老舗旅館の新分野展開
・館内のデッドゾーンを改修した「カフェ営業」、田舎のランチ問題、情報発信不足という地域課題も解決
・川べりのカフェを新設、旅館業一極に依存した経営から、カフェを併設したハイブリッド体制に移行

などなど、
宿泊業以外の業種を手掛けることで、
事業再構築補助金の必須条件を満たすことができています。

期間限定、セミナー開催決定!

このたび、カフェ開発によって売上1.5倍を実現した事例をご紹介するセミナーを開催いたします!

カフェ併設旅館「 いせえび荘 」様の代表取締役 西村徹 様にご登壇いただき、
開発のノウハウ、どのように業績アップを達成したかなどなど、
詳細をお話しいただけることになりました。

また、事業再構築補助金についても情報発信させていただきます。

あなたの旅館にとって、
本セミナーはひとつの好機となることでしょう。

また、弊社コンサルタントの甘利がカフェ開発の解説講座を持たせていただいております。
そのダイジェスト動画を掲載いたしますので、
よろしければご視聴くださいませ。


皆様のご参加を心よりお待ちしております。

株式会社船井総合研究所
里見滉介


https://www.funaisoken.co.jp/seminar/076385

著者プロフィール

里見滉介(Kosuke Satomi)

筑波大学社会学類卒業。 大学在学中に「海と日本プロジェクト」の一環として福島県の漁業のPR活動に参画し、地域の産業と人々の生活との強いつながりを全国に発信。 入社後は温浴施設をはじめとした多業種の財務支援経験を経て、旅館支援に従事。生産性向上の事例をもとに業績アップを担う。 温泉保養士の資格を所有。

里見滉介コンサルタント紹介ページ

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る