コロナ禍でも予約好調!新規グランピング施設集客のポイント

2021年6月21日

みなさま こんにちは。
株式会社船井総合研究所 観光・宿泊・グランピングチームの王です。

先週、事業再構築補助金の第1回採択結果が公表されました。
「通常枠」において要件を充足した申請件数14,843者のうち、5,104者(34.3%)が採択という結果になり、
なかなか厳しい戦いではないでしょうかと思います。
一方で、いわゆるキャンプ場・グランピングといった事業計画の採択件数は80件ぐらいあり、「空き地にテントを並べた」といった安易な計画は採択されづらい傾向が見受けられました。

弊社では、第1回申請の時期より、グランピング施設の新規開設に掛かる多くの問合せを受けておりましたが、直近では、今夏に向けてオープン予定の施設による営業・販促関連の悩み・相談を多く頂いています。
手探りで何とか開業準備を進めたものの、せっかくオープンしても予約がスカスカでは全く意味がありません。
また予約が連休や週末に集中してしまって、平日やオフシーズンの集客方法が分からないようでは、やはり事業の目論見が大きく外れてしまうことになります。

そこで、今回は施設オープン時から勝ち抜けるグランピングの集客方法を紹介いたします。

グランピング集客方法は、主に下記3つがあります。
①プレスリリース  ⇒自社予約
②SNS集客    ⇒自社予約
③OTA広告運用  ⇒OTA予約

まず、「プレスリリース」について
オープン2~3カ月前に予約ができるようになりましたら、まずプレスリリースを配信が必要です。例えば、国内シェアNo. 1のプレスリリース配信サービスPR TIMESや@Press、ValuePressなど全国向けの有料プレスリリースと地元向けの無料プレスリリースがあり、できるだけ多くかつ有効なプレスリリースを活用することがオススメします。
配信頻度はオープン前に少なくとも2回を配信し、配信内容はなるべく他社との差別化ポイントや施設の強み、魅力などアピールできる内容を作成する必要があります。プレスリリースは自社HPへの誘導、初期自社予約比率を上げるには極めて重要な集客手法です。配信期間と配信内容をしっかり準備したで、配信していきましょう!

そして、「SNS集客」について
予約状況が整えましたら、SNSの情報発信をどんどんしていきましょう!ハッシュタグの活用、SNS配信頻度(初期は週3回以上)、映える写真の選択など、予め集客ターゲットを想定し、SNS配信担当者と配信スケジュールを作成して配信していきます。SNS配信も自社HPの誘導を行い、プレスリリースの一発効果より、コツコツ集客を上げる方法です。
認知度が低い場所や施設であれば、ただの内容配信だけではなく、SNS広告を活用しながら、集客を上げていく必要があります。SNS広告を運用する際に、広告エリア・ターゲット年齢層など設定します。例:琵琶湖近くのグランピング施設であれば、広告対象は大阪京都兵庫に住む20代~30代若者を設定し、広告配信します。自社の立地と状況を合わせて、適切なSNS集客を行いましょう!

最後、「OTA広告運用」について
主に楽天・じゃらんの集客広告です。グランピングは自社集客がメインとなり、繁忙期がほとんど自社予約で稼働率が確保できますが、平日やオフシーズンの時にアクセル母数が多いOTAを活用することがポイントです。そのため、平日やオフシーズン向けの検索連動型広告を実施し、全体的に高い稼働率が維持でき、オープン後の予約状況に合わせて、早期に実施することがオススメです。ただOTAの広告運用は10棟以上規模が大きいグランピング施設に推奨しますが、小規模グランピング施設は費用対効果を検証した上で実施したほうが良いと思います。

上記、3つの集客方法を実施することによって、グランピングオープン前の段階により高い集客効果が現れると思います。現在グランピングを計画中の方、もしくは年内や来年に向けてグランピング施設をオープンする方、ぜひ上記の集客内容を参考しながら、集客効果をどんどん上げていきましょう!

最後、引き続き弊社主催のグランピングセミナーについて、ご案内いたします。今回のグランピング事業参入セミナーでは、初めて東日本・西日本それぞれ成功しているグランピング企業様2社を招き、高収益を実現できるグランピンを徹底的に解説します。今回のセミナーでは、グランピング開発の流れとして、事業コンセプトの決定⇒施設のプランニング⇒売上の試算⇒総事業費用の試算⇒販売ルート⇒オペレーション⇒人時生産性&採用⇒開業後のプロモーション、上記グランピング開発にあたって、全てのプロセスがセミナー内で大公開いたします。ぜひご参加してみてください。

【セミナー情報詳細】
日程:2021年
6月30日(水)・7月2日(金)・7月6日(火)・
7月7日(水)・7月8日(木)・7月12日(月)・7月13日(火)

時間:10時~12時/13時~15時/16時~18時   ログインは30分前
全日程とも同じ内容となっております。ご都合のよい日時をお選びください。

参加方法:ZOOM
~講演参加料~
一般企業:25,000円 (税込 27,500円)/ 1名様
会員企業:20,000円 (税込 22,000円)/ 1名様
是非、今回の貴重な情報をお持ち帰りくださいませ。
お申し込みはこちらから
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/074383

みなさまのご参加お待ちしております。

著者プロフィール

王 芸霖(Geirin Ou)

2010年4月来日、日本語専門学校2年間を通った後、関西大学商学部に入学。2016年IT会社に入社し、官公庁のシステム開発を2年間勤め、2018年により、船井総合研究所に入社。中国飲食のコンサルティング事業を経て、2019年1月から、旅館チームに配属し、現在インバウンド集客を中心とした旅館支援を行う。

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る