事業再構築補助金で注目加熱!グランピング事業無料レポート特集

2021年4月28日

いつもお読みいただきありがとうございます。
観光・宿泊・グランピングチームの王です。

今回はグランピング事業に興味がある経営者の方に、今まで船井総研が発行してきた無料レポートをご紹介致します。
お気になるレポートがあれば、ダウンロードしてください。

 

【グランピング事業の市場性】
グランピング事業の参入を検討している方や開発を検討している経営者の皆様にまずご覧頂きたいレポートです。
グランピング市場やアウトドア市場の状況や先行施設の開発状況など市場概観を掴みたい方にピッタリのレポートです。
ダウンロードはこちら↓↓↓
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/leisure-business/p-glamping-dl.html?txt=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%AE%E5%B8%82%E5%A0%B4%E6%80%A7&url=https://asset.funaisoken.ne.jp/leisure-business/glamping-dl.pdf

 

【グランピングに対する 消費者の関心度】
グランピング施設を開発したいが、どんな施設にしたらいいか、迷っている経営者の皆様に、グランピングに対する消費者の意向を整理したレポートです。
ダウンロードはこちら↓↓↓
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/leisure-business/p-glamping202103-dl.html?txt=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%20%E6%B6%88%E8%B2%BB%E8%80%85%E3%81%AE%E9%96%A2%E5%BF%83%E5%BA%A6&url=http://asset.funaisoken.ne.jp/leisure-business/glamping202103.pdf

 

【計画前に知っておきたい!グランピング事業の参入障壁と
その解決策~法律・条例の準拠編~】

グランピング施設の開発をする上で、必ず通る法律・条例の壁を乗り越えるための資料です。
1. グランピング事業を検討している 2.施設の開発中 3.関係各所との協議で困っている事業者様は必見です。
ダウンロードはこちら↓↓↓
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/leisure-business/p-glamping-solution-dl.html?txt=%E8%A8%88%E7%94%BB%E5%89%8D%E3%81%AB%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%EF%BC%81%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%AE%E5%8F%82%E5%85%A5%E9%9A%9C%E5%A3%81%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E7%AD%96%EF%BD%9E%E6%B3%95%E5%BE%8B%E3%83%BB%E6%9D%A1%E4%BE%8B%E3%81%AE%E6%BA%96%E6%8B%A0%E7%B7%A8%EF%BD%9E&url=https://asset.funaisoken.ne.jp/leisure-business/glamping-solution-dl.pdf

【タイプ別グランピング事業費一覧】
弊社にお問い合わせが一番多いグランピング事業費について、5つあるグランピングのタイプ別事業費を大公開します! 5タイプあるグランピング事業の事業費を確認することができます。これから参入を検討している方や事業準備中の方も、実際のコストの妥当性を確認するための材料として活用いただくことができます。
ダウンロードはこちら↓↓↓
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/leisure-business/p-expense-dl.html?txt=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97%E5%88%A5%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E8%B2%BB%E4%B8%80%E8%A6%A7&url=https://asset.funaisoken.ne.jp/leisure-business/expense-dl.pdf

【グランピング事業の適正規模・機能】
用地はあるが、どれぐらいの棟数が立てられるか判断に困っている経営様が必見レポートです!実際のグランピング開発状況をもとに、用地に合わせた適正規模を確認することができます。実際に導入例が多いテントタイプや、必要な面積、グランピング用地でどれぐらいの広さを確保する必要があるのかをまとめております。グランピング用地がすでにある方は、簡易的に建設可能なテント棟数を確認することができます。
ダウンロードはこちら↓↓↓
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/leisure-business/p-glamping202101-dl.html?txt=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E3%81%AE%E9%81%A9%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E3%83%BB%E6%A9%9F%E8%83%BD&url=http://asset.funaisoken.ne.jp/leisure-business/glamping202101.pdf

 

上記以外、【売れるグランピング施設の設計・デザインのポイント】
【グランピング施設のオペレーション設計マニュアル】をご紹介するレポートもありますので、ご興味があれば、ぜひ一度ご覧ください。

まだまだコロナの収束が見えないなか、「事業再構築補助金」を活用して、グランピング新規事業を考えている経営様が沢山いらっしゃいます。ぜひこの度グランピング事業の時流に乗り出して、企業経営を「攻め」ていきたいと思います。まずはレポートをダウンロードして頂き、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

【無料コンテンツ・小冊小ダウンロード】一覧
https://leisure-business.funaisoken.co.jp/booklet/

ご相談の中で伝えている、補助金を活用に向けて気を付けていただきたいポイントは、
まず、使おうとして動かなければ、何も貰えないということです。
使いたいなともし思われている状況でしたら、
動き出すことが必要不可欠です。
弊社でもご相談対応や情報発信を行っておりますので、
最初の一歩として有効活用いただければ幸いです。

大きな変化の時代を迎え、新たな挑戦に取り組んでいる企業が増えている状況です。
コロナ禍の現在では、移動自粛の動きが続く状態が予想されます。
ともにこの状況を乗り越えていきましょう。

著者プロフィール

王 芸霖(Geirin Ou)

2010年4月来日、日本語専門学校2年間を通った後、関西大学商学部に入学。2016年IT会社に入社し、官公庁のシステム開発を2年間勤め、2018年により、船井総合研究所に入社。中国飲食のコンサルティング事業を経て、2019年1月から、旅館チームに配属し、現在インバウンド集客を中心とした旅館支援を行う。

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る