コロナ禍でも稼働率80%越え!そのノウハウ全てお伝えします

2021年12月1日

皆様、いつもありがとうございます。
船井総研の三浦です。Goto再開も控えている中、今すぐにでも取り組むべきWebマーケティングについてご説明いたします。

稼働80%成功事例

では、実際にWebマーケティングに取り組んでいくら数字が変わったのか。
月売上:1,600万→2,000万
客単価:8,500円→9,600円
稼働率:60%→80%

です。何よりも客単価を上げながら稼働率も上げることができる。これがWebマーケティングの強みです。大きな理由は今までアプローチできていなかった潜在顧客の獲得に成功したからです。投資は広告費の月5万円のみ。他はHPのプチリニューアルとInstagram運用のみです。成功の秘訣は①PDCAを回すための定期的な会議②リマインドです。
この2つのポイントを押さえながら、Webマーケティングを実施していけば必ず成果は上がります。
今回のセミナーでは、本当に効果の出るWebマーケティングのノウハウをお伝えします。是非、この機会にご参加ください。

このような悩みはありませんでしょうか

緊急事態宣言が明けてから、経営者様からの申込みが3倍になっています。その理由は

①Gotoも再開されそうなので、今からWebマーケティングに取り組んで、自社HPからの予約が増えるように準備をしていきたい。
②Webマーケティングについて全く触れてこなかった。が、今後を考えると必要だと思っています。そのため、自社で運用できる様にしていきたい。
③正直言うと、自社HPの分析レポートは毎月見ているけど、でも、そこから何を改善したら良いか分かっていない、、、。
④OTAは、戦略的に活用できればと思っている。とはいえ、自社HPを戦略的に活用できていないので、顧客分析からWeb・SNSマーケティングに活かしていきたい。

などです。皆様の中にも同じような悩みはありませんでしょうか。

Webマーケティングを実施していくうえで、大切なのは「 自社の経営数字を正確に理解する 」です。いま年間でいくらOTAの手数料を払っているのか。組単価・客単価はいくらなのか。どの部屋・プランが人気なのか。これを聞いてすぐに答えられる経営者はほとんどいません。
これがなぜWebマーケティングにおいて重要なのか。それはWebマーケティングも「 手段 」の1つであり、目的は「 業績を上げる 」ことだからです。正確に経営数字を把握し、どこが長所であり伸ばしいていくのか。どこに費用をかけていくのか。Webマーケティングに取り組んでいくら売上が上がるのか。まずは、そこから考える必要があります。

Goto後の反動は、もうゴメン!

県民割りやGoto再開となると、何をしなくても稼働率は「 確実 」に上がります。
ですが、思い出してください。ちょうど去年の今頃、Gotoによって大きく売上を上げられたことかと思います。ですがその数か月後。どのような状態だったでしょうか。
「 Goto症候群 」。売上は上がり、スタッフも大忙し。何か充実感や高揚感もあって、その後はしばらく、何かに着手することが億劫になった、あの記憶、です。我々人間は、都合が良いところだけを記憶していたりしますからね。
今のままではまた来年のGotoが終わったタイミングで同じような状態になることは明らかです。そうならないためには何をすればよいのか。答えは1つです。「 自社のWebマーケティング 」です。特にこの3つ。
①HP分析によるプチリニューアル
②Instagram活用による集客
③自社広告運用・OTA広告対策
今回は、この3つに取り組みながらコロナ禍でも稼働率80%超の自社運用ノウハウをお伝えします。

 


https://www.funaisoken.co.jp/seminar/080811

著者プロフィール

三浦 雅裕(Masahiro Miura)

大学を卒業後、船井総合研究所へ入社。 入社後はアミューズメント業界、主に新規事業の立ち上げに従事している。3ヵ月でInstagramフォロワー数を1,000人にした実績やグランピングサイトの執筆実績を多数持つ。現在は、WebマーケティングおよびSNS集客を専門とし、90%以上の高稼働施設を実現している。

三浦 雅裕コンサルタント紹介ページ

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る