業務棚卸診断

2019年6月15日

棚卸診断は、生産性の向上/業務の改善を実現するために、
現状どの業務にどの程度の人員工数・業務工数が発生し、何をどう活用・改善すれば最も効果が出るかを整理・理解を深めるための、『業務棚卸し』サポートです。
具体的にどういった業務が、どういう流れで、何人、何分で実施されているかを把握し、各業務がどのように改善できるのかを整理する目的で行います。

また、現状を整理すると同時に、効果の出ているITツールの導入例なども同時にお伝えすることで、スムーズな改善を実現する目的でも実施いたします。

こんな課題をお持ちの方にオススメ

  • 生産性を向上させたいが、何から取り組めばいいかわからない。
  • 現場業務の可視化がしたい
  • ITツールなどを導入したいが最適なものが何かわからない。
  • 現場で業務改善を進めてい入るが、今ひとつ効果が見込めない。

目標達成までのスケジュール

  1. STEP1

    部署別業務フローのヒアリング
    (各部署で発生している業務が、『どういう流れで』『何人で』『何分で』『どれくらいの頻度で』実施されているか?をまずはヒアリングベースでお伺いすることで、貴施設のオペレーションの全体像を把握いたします。
  2. STEP2

    現場・バックヤード視察による実態把握)
    (バックヤードを中心に館内視察を実施させていただき、具体的にどの業務をどうしたフロー・スペースで実施しているか?などの詳細を
    ご一緒に確認させていただきます。
  3. STEP3

    即時フィードバック
    (ヒアリングを通じて整理した内容から、『すぐに改善できる業務』『ITツール導入後改善できる業務』を、全国他施設様事例も踏まえてお伝えさせていただきます。
  4. STEP4

    棚卸診断表の送付
    (ヒアリング・現場視察を通じて作成した、各部署毎の業務フロー表を納品いたします。)

コンサルタントコラム

ページのトップへ戻る